イタリア旅行と観光のクチコミ情報サイトitalyitaly

ウフィッツィ美術館について(Galleria degli Uffizi)

ウフィツィ美術館

ウフィツィ美術館

ウフィッツィ美術館は、イタリア=フィレンツェにあるイタリアルネサンス絵画を所蔵した世界最大級の美術館で、1591年より部分的に公開されてから現在に至まで、ヨーロッパ最古の近代式の美術館の1つといわれています。
ウフィッツィ美術館は初代トスカーナ大公コジモ1世の名により、ジョルジョ・ヴァザーリの設計で1560年に着工、最初はフィレンツェの行政機関の事務所(オフィス)として使われていたことから、現在の「ウフィツィ」というイタリア語の名前となりました。

イタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大で、1982年に世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として認定されています。

1737年にメディチ家出身の最後トスカーナ大公であるジャン・ガストーネが死去して、メディチ家が断絶した時、メディチの血を引く唯一の相続人のアンナ・マリア・ルイーザは、「メディチ家のコレクションがフィレンツェにとどまり、一般に公開されること」を条件に、すべての美術品をトスカーナ政府に寄贈しました。

彼女のこの功績とても偉大で、もし私財として残っていたならば、この膨大なコレクションは様々な人の手に渡り、系列立てて同時に閲覧することはほぼ不可能となっていたでしょう。ちなみにアンナ・マリア・ルイーザの像はサン・ロレンツォ教会の裏にひっそりとたたずんでいます。

ウフィッツィ美術館にはメディチ家歴代の美術コレクションが収蔵されており、イタリアルネサンス絵画の宝庫です。展示物は2,500点にのぼり、古代ギリシア、古代ローマ時代の彫刻・モザイク、ボッティチェッリ、レオナルドダヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなどイタリアルネサンスの巨匠の絵画を中心に、それ以前のゴシック時代、以後のバロック、ロココなどの絵画が系統的に展示されています。


ウフィツィ美術館の予約インフォメーション
住所
電話番号
予約電話番号
Piazzale degli Uffizi, 50122 Firenze
055 2388651
055 294883(月曜日〜金曜日8:30-18:30、土曜日8:30-12:30)
休館日
開館時間
月曜日、1月1日、5月1日、12月25日
火曜日〜日曜日:8:15〜18:50(最終入館16:45)
料金 1名:6.5ユーロ+4ユーロ(入館料+美術館がとる予約手数料、2008年4月1日より4ユーロに変更されました)
※特別展開催時は入館料が割り増しになります。
※日本人の場合、6歳以下の子供は無料となり、予約も必要ありません(要同伴)
※現地窓口ではクレジットカードでの支払いはできないそうです。
注意事項
  • 日本語音声ガイド(トランシーバー型のオーディオガイド)あり。
    一人用4.65ユーロ、二人用6.20ユーロ
    (借りるにはパスポートなどの身分証明書と引き換えになります)
  • 特別展などが開催される場合は入館料が変わる場合があります。入館料金についてはご自身の責任で下記公式サイトでご確認ください。
  • EU圏市民で18〜25歳までの人、およびイタリアの学校教員は割り引き料金
  • 6歳以下の子供、および18歳以下もしくは65歳以上のEU圏市民の人は入館料無料
  • 12歳未満の場合は同伴者が必要です
公式HP (イタリア語)http://www.polomuseale.firenze.it/uffizi/
(英語)http://www.polomuseale.firenze.it/english/uffizi/

ウフィッツィ美術館の予約について

フィレンツェに行ったら必ず見ておきたいのが「ウッフィーツィ美術館」。でもその分当日券の順番待ちは気が遠くなるほど長蛇の列・・・。「ウフィッツィに行くなら事前予約が必要」というのが大半の旅行者の意見です。
朝一番に並ぶ方法もありますが、開館時間(8時15分)の1時間前に行ってもすでに数十人の列ができていた、ということもよくあります。

ウフィッツィ美術館の予約方法一覧
直接電話予約
  • 通じるのはイタリア語か英語
  • 時差を考えて連絡する必要がある
  • 音声ガイドに指示に従うため、1回で成功しても国際電話料金が500円から1,000円程度かかる
  • 料金は入館料(6.5ユーロ)の他、予約料金(4ユーロ)がかかる
  • 予約センター電話番号:055 294883
Weekend a Firenze
  • インターネット予約サービス(有料)
  • 一部日本語のサイトがあるが、ところどころ英語表示となる
  • 予約料金4ユーロのほかに、手数料が1名あたり5.70ユーロ(約900円)
  • カードでの事前支払いのため、日程の変更やキャンセル不可
旅行会社など
  • 美術館の予約手数料(4ユーロ)の他、通常1件あたり2000円前後の手数料がかかる
  • 事前払いのため、キャンセル時も返金はありません
現地ホテル
  • 通常、現地の宿泊ホテルでも予約代行をしてくれます
  • 一般的な相場は、1回あたり10〜20ユーロ(1500円〜2000円)
  • 予約代行をしてくれない場合もありますし、高額請求されることもあるので旅慣れた人むき
  • 直前過ぎて美術館の予約が一杯の場合もあります(日本から予約をすることをお勧めします)

ウフィツィ美術館の無料予約受付

ウッフィツィ美術館の予約のご相談が多いことから、ご希望の方に予約を無料でお引き受けすることにしました!!!
イタリアの現地スタッフが直接電話して予約をするので確実です。
※アーモイタリアでは、公式サイトで予約が一杯の場合も、ほぼ100%予約をお取りできます。予約が取れない場合は手数料は一切かかりません。まずは「イタリア美術館無料予約フォーム」よりお申し込みください。

有料申し込みでは最短で1営業日内に予約を完了し、予約受付番号をメールにてお知らせします。
お送りするメールをプリントアウトして、当日美術館の窓口で提示すると、イタリア語で会話する必要もなく簡単です。
キャンセルされても料金などは一切発生しません。


ウフィツィ美術館予約、チケット受け取り方法

予約手順と、予約番号の送付方法、当日の入館方法などは下記の通りです。

  • ご予約は「イタリア美術館無料予約フォーム」ページからお願いします。
  • ご予約を承ってから最短で翌日に、予約可否をメールにてご連絡いたします。
  • 予約が取れた場合には「予約番号」を記載しております。
  • 「予約番号」の書かれたメールをプリントアウトして旅行に持っていきましょう。
  • 美術館見学当日、予約時間の15分前までに予約チケット引き換え窓口(3番窓口と書いてあります)で、予約番号のプリントを渡し、料金を払ってチケットを受け取る。(予約チケット引き換え所はアルノ川に向かって右側奥です。人の列などはほとんどありません)
  • そのチケットを持って、向かい側にある予約者専用入り口(1番窓口と書いてあります)に行って、入館します。
    ※2番窓口は予約なしの入り口で、長蛇の列ができています。お間違えのないように・・・
  • 日本語のオーディオガイド(トランシーバー型音声ガイド)も4.65ユーロで貸し出しがあります。パスポートなどの身分証明書が必要です。
ウフィツィ美術館の地図ウフィツィ美術館のチケット窓口と入り口
(クリックすると拡大します)