イタリア旅行と観光のクチコミ情報サイトitalyitaly
シエナ

シエナ (Siena)について

シエナはフィレンツェから60km南に下ったトスカーナの古都で、人口約57.000人、トスカーナ州シエナ県の県庁所在地となっています。 1240年創立のシエナ大学やキジアーナ音楽院、シエナ外国人大学(Universita' per Stranieri di Siena)があり学問の町として栄えていて、14世紀にシエナ派の芸術が花開いた美術史上重要な町でもあります。

シエナは美しい中世のたたずまいを残し、サンジミニヤーノと並んでトスカーナの世界遺産の町として有名です。1995年には街全体が世界遺産に指定されました。シエナのその美しさは歴史的な繁栄があったからにほかなりません。シエナはすでに帝政ローマ時代(5世紀ころ)にローマとフランス方面とを結ぶ主要街道の重要な中間都市となり、商業、金融業、手工業が栄えました。さらに13世紀にはヨーロッパ全体の金融の中心となりました。世界で最も古いといわれる銀行Monte dei Paschi di Siena銀行(1472年)が誕生したのもこの町ですし、町にはなお「Via Banchi di sopra」や「Via Banchi di sotto」といった銀行にちなんだ通りが残っています。

トスカーナ日帰りツアー
トスカーナ周遊サービス開始!

フィレンツェを拠点にシエナ、ピサ、サンジミニャーノなどを車で日帰り観光します。完全個人ツアーなので、好きなペースでゆっくりと観光できて快適。キャンティのワイナリーでワインテースティングも楽しいですよ。

ツアーの詳細はこちらスタッフトスカーナ日帰りツアー

 

1348年ペストの大流行で町の半分以上の人口が失われ、1555年にはフィレンツェに敗れシエナの華やかな歴史は幕を閉じるのですが、フィレンツェに色鮮やかなルネッサンス芸術が起こった15世紀ころ、シエナでは対照的に中世的なイタリアゴシック建築、シエナ派絵画が全盛を迎えます。政治、経済、芸術、宗教的にも対立的だったシエナとフィレンツェは、今なおそのしこりを残しています。

またシエナの町を有名にしているのが、毎年7月と8月に行われるパリオ(Palio)。コントラーダ(Contrada)と呼ばれる地区にわかれて行われる競馬で、このイタリアで最も美しいとされるカンポ広場で開催されます。シエナの人たちはこのパリオのために生きているとも言えるほど熱狂的になります。